​​上腕二頭筋長頭腱損傷

上腕二頭筋はいわゆる「力こぶ」の部分の筋肉で、名前の通り2つの筋肉で構成されています。その2つのうち、長い方の筋肉(=長頭)の腱が擦り切れてしまう疾患です。

長頭は上腕骨の「結節間溝」と呼ばれる溝の中を走行していますが、この溝の中で筋肉が伸び縮みする過程で、加齢などによって変性した腱がこすれて炎症を起こしてしまったり、腱が千切れてしまうことで痛みや腫れが出現し、腱が完全に千切れてしまった場合には力こぶが肘の方向に向かってズレてしまいます。

治療としては、損傷の程度にもよりますが、冷却と固定を行い、安静を保持します。痛みが引いた後はリハビリとして肘の可動域訓練や筋トレを行います。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now