​​腱鞘炎(ド・ケルバン病)

腱鞘炎は手首の親指側の背面にある親指を外側に開く腱(長母指外転筋腱)と親指を伸ばす腱(短母指伸筋腱)が、腱鞘と呼ばれる管の中で擦れて炎症を起こしてしまう疾患のことを指します。

家事以外でも最近ではスマートフォンや家庭用ゲーム機などの発達によって、老若男女問わず発症するケースが増加しました。

症状としては親指の第2関節(MP関節)下方に痛みや熱感、時には腫れや硬結が生じます。

治療としては、親指の腱の負担が少ない姿勢でテーピングやサポーターなどで固定し、冷却を行い消炎を図ります。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now