指の変形性関節症
(へバーデン結節・ブシャール結節)

へバーデン結節は第1関節(DIP関節)、ブシャール結節は第2関節(PIP)関節に発生する変形性関節症です。更年期を過ぎた女性に好発しますが、原因ははっきりしていませんが、指の使い過ぎやホルモンバランスの異常などが指摘されています。

症状としては、初期は発赤や熱感、腫れや痛みといった炎症症状を伴い、次第に関節の手の甲側に骨性の隆起を形成し、手のひら側や側方に向かって変形を生じます。変形が完成すると炎症症状は消失しますが、可動域制限を後遺します。

治療としては、指の可動域制限を進行させない様に温熱療法や、関節を動かす訓練を行います。鍼灸治療も有効なので、可動域訓練に併せて行うこともあります。

ブシャール結節は、関節リウマチによる変形と類似するので、鑑別するためにも早めの受診が推奨されます。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

1024px-Heberden-Arthrose.jpg