​突き指

突き指は野球やバレーボールなどの球技中によく発生する、ほとんどの方にとって馴染みの深い疾患ですが、中には骨折を伴っている場合(マレットフィンガー)もあるため、放置していると永続的な関節機能障害を後遺するため、注意が必要な疾患でもあります。

治療としては、程度にもよりますが骨折を伴っている場合には先ずは整復を行い、その後適切な姿位での副子固定を行います。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

jiko_tsukiyubi_edited_edited.png