椎間板ヘルニア
(坐骨神経痛)

ヘルニアとは「脱出」「突出」という意味を持つ言葉で、何らかの原因で脊柱管内に突出した椎間板により腰痛を引き起こし、後方への突出がさらに進行して馬尾神経根(腰以下の部分を支配する神経の集まり)が圧迫されると坐骨神経痛を引き起こします。

症状として、腰椎の前屈が制限されますが、連続して歩けないという「間欠性跛行」の症状が出てきた際には、すわる、しゃがむ、前屈するといった、腰椎の前弯を少なくすることによって下肢の不快感が減少します。馬尾神経根の症状が進行すると、膀胱・直腸障害が出現します。

治療としては、局所の安静のためにコルセットを処方し、段階的に痛みの緩和や、脊椎自体を圧迫する原因となっている筋緊張や不良姿勢を改善するプログラムを実施していきます。

膀胱・直腸障害が出現した場合は、直ちに医科に転院し、手術療法の適応となります。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now