​​腰部捻挫(ぎっくり腰)

西洋においては「魔女の一撃」と呼ばれる、腰椎や仙腸関節に急激な外力が加わり、腰痛を急性発症したものを指します。

症状として、捻挫を起こした椎体の周囲に一致した痛みや腫れや熱感、腰部の運動制限が出現します。痺れや重だるさといった神経症状は通常出現しません。

治療としては、受傷初期は患部の冷却と消炎を行いながら、コルセット等の処方による局所の安静を図ります。

自発痛が緩和してきたら冷却と温熱療法を交互に行い、マッサージ等と組み合わせて周りの組織の緊張の緩和を行います。

痛みがほぼ解消した後はリハビリとして、ストレッチングと筋トレを組み合わせて、姿勢改善を行い、再発防止に努めます。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now