​​変形性膝関節症

変形性関節症は関節軟骨の退行変性を基盤として発生し、明らかな原因のない「一次性」と、元々局所的または全身的要因がある「二次性」に分けられます。

症状としては、関節痛、可動域制限、腫れ、変形(内反膝=O脚)が主体で、初期には運動後の痛みのみで休息すると消失しますが、次第に運動開始前や運動中、安静時にも痛みを感じる様になります。

炎症が強い時は関節包に水が溜まり、腫れぼったさが増強します。

治療は、先ずはサポーターなども含めた局所の安静を図ります。杖の使用も有効です。

運動時痛が落ち着いてきたら、体重減少も兼ねての筋トレや、ストレッチング、温熱療法を行います。特に大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)の筋トレは症状の緩和に有効となります。

内反膝(O脚)の場合は、足底版の処方も効果的です。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now