​​腸脛靭帯炎

ももの外側を上から下まで走行する腸脛靭帯が、大腿骨外顆(膝の外側にある骨の出っ張りの部分)との摩擦により炎症を起こしてしまう疾患です。ランニングなど、膝関節の屈伸を繰り返す動作により発症します。

症状として、膝関節外側に圧痛と運動時痛が発生します。

治療法としては、患部の安静を保ち、原因となったスポーツ動作の制限と、腸脛靭帯のストレッチングを十分に行います。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now