​​胸郭出口症候群

​​斜角筋症候群、頚肋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群の総称で、頚椎から出てくる上肢の感覚や運動を支配する神経と血管が、首の筋肉と第1肋骨との間で圧迫されてしまい、痛みや痺れ感・冷感をもたらす疾患です。

似たような症状をきたす疾患として、頚椎症や頚部の捻挫などがあり、それぞれのどの疾患に当てはまるのか、しっかりと検査法を行い、適切な部分へのアプローチをしていくことが重要となります。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

iStock-610767812-768x512.jpg