​​内側上顆炎(野球肘)

野球の投球により発生する上腕骨の内側上顆(肘の内側の骨の出っ張りの部分)の炎症のことを野球肘と呼びますが、ゴルフやテニスのフォアハンドストロークでも発症することがあります。まれにバレーボールでサーブやスパイクを打った際に発症することもあり、この場合は肘の後方に痛みが生じます。

成長期の野球少年の投球過多により発症するものは特に「リトルリーガー肘」と呼ばれます。

大部分が肘の内側に発生し、症状としては投球動作の際の痛みや、肘を伸ばし切った際の伸ばしにくさ、重い物を持ち上げた際の痛みなどが主なものとなりますが、まれに裂離骨折や肘関節の不安定症や遅発性尺骨神経(薬指や小指の感覚や運動を支配する神経)麻痺、成長期の場合は成長痛や骨端線離開を生じることもあります。

まれに起こる外側型の野球肘では、関節ねずみ(壊死して欠けた骨のかけらが関節内に挟まってしまったもの)を生じることもあります。

治療方法として保存療法を行うことも可能ですが、成長期におけるものは将来性を考えて治療が長期化する可能性が高くなり、固定を行う必要もあり、その間は投球も打撃も禁止となるので、試合に出場できないことやポジションを失うといったメンタル面のケアも重要です。

当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now