​​肘内障

2~4歳頃までの小児特有の症状で、「子どもが急に手を挙げなくなった」といった場合に先ず疑う疾患です。

小児の肘(橈骨頭)は成人と比べて発達しておらず、また関節自体が緩いことから、しばしば親が子どもの腕を引っ張ったことによって、肘関節を構成する骨を留めている靭帯からスルリと外れてしまい(=亜脱臼)、痛みを感じ腕を動かせなくなってしまいます。

一般的に整復は容易とされていますが、鎖骨の不全骨折との鑑別が必要な場合もありますので、整骨院などでキチンと治療することが大切です。

一度整復してしまえば、固定や特別な処置なども不要で、不自由なく腕を動かすことができるようになります。

​当院では、主に以下の方法によるアプローチを行っております。

 

03-5857-5701

〒136-0076 東京都江東区南砂7丁目6−3

  • Facebook

©2019 by 太陽はり灸整骨院. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now